CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Tuna.be
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
               

everlasting

                                        ********              ********                     
「コンサートの最後とかに俺たちがKAT-TUNです!って叫んでる時、

 あーこのメンバーで頑張ってるんだなーって実感する」by.K

「KAT-TUNにいるのが当たり前」by.A

「切っても切れない縁っていうか常に見えない糸で繋がってる」by.T 

「お互いが空気みたいな存在」by.T 

「6人揃ってお客さんに挨拶してる時に、改めてこのメンバーでよかったなと思うよ」by.U

「絆の深さは相当。友達とは別の特別な絆がある」by.N
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本当の強さ
毎年、夏は必ず見てる甲子園。今年ももちろん見てるんだけど…

1人すごい選手がいてさ。

「すごい」って言ったら、実力の方だって思う人が多いかもしれないけど、

それだけじゃなくて、"人"として本当に尊敬できる選手。

その人は中3である病気にかかって、挫折しそうになったけど

大好きな野球を続けたいっていう気持ちから

食事制限や通院、体調の関係でなかなか思い通りに練習できないっていう

どんなに苦しくて、辛いことからも逃げないで真正面からちゃんと向き合って

今年、夢の甲子園っていう大きな舞台に立つことができたの。


「甲子園で投げて、全国でこの病気に苦しんでいる人を勇気付けたい」


ある病気にかかった多くの人がスポーツをやめていく中、

その選手はこう言ったんだ。

実はその選手がいる高校は初戦で惜しくも敗退しちゃったんだけど

"本当の強さ"っていうものを見た気がした。

投げてる姿がものすごく輝いてて、ホントに病気なのかなって思うぐらいで。

それだけ野球が大大大好きなんだなあって思った。

わたしはまだまだ何に対しても自信が持てなくて周りに合わせてばっかで…

"自分の中の強さ"というものを失いつつあるんだ。

だから、わたしにはないものを持っているその選手がすごくうらやましい。


その選手にはこれからもその強さを失くさないでほしいなって思うし、

どんな形でもいいから野球を続けていってほしいって思う。


なんかどう言ったらいいかわかんなくてこの言葉しかでてこないんだけど、

その選手には「ありがとう」って、伝えたいです。













…更新相変わらずしてなくてすみません(汗)
また時間があったらコメレスもします!ホントーにすみません…。

| 尊敬 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(4) |